住宅リフォームの心強い味方!補助金・助成金情報サイト

>

着工前には確認!住宅リフォームの補助金・助成金を知ろう

補助金・助成金とは

住宅リフォーム補助金や助成金は、リフォーム時の経済的負担軽減のための制度です。
いろいろな種類があり、補助金や助成金の名称が使われているため、気になる人もいるかもしれませんね。

2つの制度の違いについては諸説が存在しますが、明確な違いはないのかもしれません。
ただし、補助金には応募期限がある点に注目されます。
そのため、助成金はいつでも受けられるイメージがあり、安心する人もいるのではないでしょうか。

実際、ある自治体の住宅リフォーム助成金の案内によると、受付は随時になっています。
ただし、年度内の予算が設定されているため、早い者勝ちになるかもしれません。
このような理由もあり、住宅リフォーム時に補助金や助成金を受けるためには、少しでも早く申請することがポイントといえるようですね。

補助金や助成金の特徴とは

なんらかの制度を利用するためには、その条件に合うことが大前提になります。
住宅リフォームのときに補助金や助成金を受けたい人は、具体的な条件についてきちんと把握することが大切です。

たとえば、自治体の管轄内に住宅がある、実際にそこで暮らしているなどは最低限の条件になります。
ほかにも、税金を滞納していない、地元の業者が工事を行うなどの条件もでてきます。
また、バリアフリー改修など、その補助金や助成金の目的に合うかどうかがポイントです。

ただし、補助金や助成金を受けても返済する必要がありません。
そこが金融機関からの融資とは大きく異なる点です。
そのため、住宅リフォームの条件に合う制度が見つかったときは、積極的に申請したほうがお得ではないでしょうか。


この記事をシェアする